トヨタ、「北米第七工場」建設計画で議論白熱

更新日:2005年 4月 6日 (水)

トヨタ自動車は、北米で七カ所目となる車両組立工場「北米第七工場」の建設計画で最終的な調整を進めている。コスト競争力の観点からカナダ・オンタリオ州に二カ所目の工場を造る案が依然有力だが、ゼネラル・モーターズ(GM)の赤字転落などを背景にした「通商問題」への配慮から「米国内を優先すべきだ」(トヨタ首脳)との考えも浮上、議論が白熱してきた。北米販売の急伸から、現地化率(北米市場での販売に占める現地生産車比率)が低迷する中、経済合理性の重視か、不透明な政治リスクの未然防止か、決断を迫られている。

 
 

2005年 4月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2005年4月 > 6日 > トヨタ、「北米第七工場」建設計...