東海地方のサービス業、ICカードに急速切り替え

更新日:2005年 4月 5日 (火)

東海地方のサービス業で、顧客向けに発行するカードが磁気方式からIC方式へ急速に切り替わりつつある。地銀を中心とする金融機関は、先を争うようにキャッシュカードにIC方式導入を打ち出した。また、地元流通大手・ユニー系のUCSもICカード導入を表明。いずれも不正利用抑制が主眼。一方、JR東海は東海道新幹線予約にICチップを搭載した「エクスプレスICカード」を導入する。こちらは顧客利便性向上が主目的。ICカードをいかに活用するか、各社の知恵と工夫が試されてもいる。

 
 

2005年 4月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2005年4月 > 5日 > 東海地方のサービス業、ICカー...