中日信用金庫が零細・個人事業者などの顧客支援を強化

更新日:2005年 1月17日 (月)

中日信用金庫(大島国康理事長)は、零細・個人事業者、高齢者、障害者ら、社会的立場の弱い顧客支援を強化する。零細・個人事業者向けに、納税準備預金の金利を店頭表示の三倍に優遇するほか、高齢者や障害者向けには、費用を信金が負担して営業現場職員に「サービス介助士」の資格取得を奨励する。一般事業会社の融資需要が伸び悩む中、よりきめ細かい顧客支援策を充実させ、地域住民の多様なニーズに対応する。

 
 

2005年 1月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2005年1月 > 17日 > 中日信用金庫が零細・個人事業者...