豊橋でIT農業研究会発足

更新日:2005年 1月15日 (土)

国産の農産物は、輸入農産物との激しい価格競争にさらされてきた。圧倒的な輸入品の低価格に対抗するためには、消費者を納得させる品質や安全性保証などが考えられる。しかし、八月に「『食』と『環境』のIT農業全国大会」が開かれる豊橋市では、東三河の農業生産者、自治体、企業、大学が参加する「IT農業研究会(代表=澁澤栄東京農工大学教授、事務局サイエンスクリエイト内)」が発足し、「農産物輸出」の可能性についての研究が始まった。

 
 

2005年 1月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2005年1月 > 15日 > 豊橋でIT農業研究会発足...