全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

都市再開発特集
コロナを契機とした社会変化
ニューノーマル時代の都市機能"

働き方の多様化分散化で
新展開を迎えた街づくり

毎日混雑した電車に乗って、自宅から都心のオフィスに通勤し、仕事帰りは同僚らと一杯やって、休日はレジャーでワイワイ楽しむ―。そんな日常が新型コロナウイルス感染症の世界的流行によって大きく変わった。三密を避けるために移動を制限したり、仕事のやり方を工夫したり、会食を控えたりするようになった。トーンダウンの様相は、人口が集中する都市だと一段と強まる。

9路線が発着し、全国屈指のターミナル駅を有する名駅エリアは昨年、愛知県に緊急事態宣言が発令されると、人の数が目に見えて激減した。名古屋駅の乗降客数は1日平均120万人ともいわれる。密度が高い分、影響は大きく、多くの飲食店が苦境に立たされた。一方、オフィスでは、半ば強制的にICT(情報通信技術)の活用を推し進め、在宅勤務などテレワークに対応できる体制を整えた。図らずもコロナが働き方改革を後押しした格好だ。 ワクチンや治療薬の普及によって危機意識が薄まったとしても、産業構造がコロナ禍前と同じような状況に戻ることはないだろう。むしろコロナ禍を契機とした変化は、どんどん広まり、企業のあり方はもとより、都市づくりにも影響を及ぼすことが予想される。

「職と住」の共存と
リアル価値の再認識

名古屋駅東口

働き方の多様化、分散化が進めば、働く人たちがそれぞれの仕事内容に応じて、あるいは子育てや介護といったそれぞれの生活に合わせて、仕事をする場所と時間を選べるようになる。そうなると都心で日中働く人たちが夜に帰って寝るだけの街、いわゆるベッドタウンの存在意義は薄れる。代わりに求められるのは「職」と「住」が共存する街づくりだろう。そのヒントになりそうなのがウォーカブルだ。WALK(歩く)とABLE(できる)を組み合わせた造語で、歩行者を中心にデザインされた街を表す際に使われる。温暖化対策に注力するパリでは、かねてから自動車の乗り入れ規制の一環として自転車専用レーンを計画していたが、なかなか進まなかった。それがコロナ禍で公共交通機関の密を避ける意識が高まったことで、急ピッチで進むようになった。また、ニューヨークなどでは飲食店内の密を避けるために、規制を見直してテラス席を設置しやすくした。これらの取り組みを見ると、コロナという危機的な状況をむしろ積極的に取り込んで、持続可能な街づくりに活かしていこうというしたたかさが感じられる。

そもそも都市とは、商業や流通などが発達した結果、限られた地域に人口が集中している領域である。つまり密であることを前提に、経済活動が行われている。コロナ禍はその前提を根底から揺るがした。同時に密を回避しながら、生活の質と持続可能性を同時に高める新しい都市の輪郭が見えてきた。また、以前は当たり前だった直接会うことの「リアル価値」を再認識するようになったことで、リアル価値の素晴らしさを伝える仕掛けや演出も、新しい都市づくりに欠かせなくなるはずだ。

果たして名駅エリアは、どう変わっていくのか。リニア中央新幹線を見据えた再開発とともに今後の展開から目が離せない。

チカマチラウンジ
ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
M&Aキャピタルパートナーズ
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
アラジンオフィス
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2021年10月22日(金)~10月23日(土)
あいちの農林水産フェア

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
展示ホールA(SDGs AICHI EXPO会場内)
主催:あいちの農林水産フェア実行委員会

県内外の皆さんに全国有数の産出額・生産量を誇る愛知の農林水産業をご紹介。JA愛知グループとチカマチラウンジがコラボして、県産農林水産物等をふんだんに使用した「地産地消弁当」を開発しました。

冬山フェスタ

2021年12月18日(土)~19日(日)
第2回 冬山フェスタ

初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:冬山フェスタ実行委員会(構成=全国「山の日」協議会、中部経済新聞社)

夏山フェスタでの多くのご要望にお応えして冬山初心者のための入門イベント「冬山フェスタ」を開催します!

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。