全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

あいち女性輝きカンパニー特集
働く女性の半数が非正規 コロナ禍で浮かび上がった雇用格差

経済回復も労働需給のミスマッチ改善されず

女性を取り巻く様々な課題が、新型コロナウイルス感染症拡大を機に浮き彫りになった。そのひとつが非正規雇用の不安定さだ。2019年1月以降の雇用者数の推移を見ると、非正規女性は、緊急事態宣言が発出された2020年4月、前月比で74万人減った。非正規男性の35万人減に比べて、2倍以上の落ち込みだ。飲食や宿泊、小売りといった女性の割合が高い業種が、営業時間短縮などのあおりを受けたことが響いた。経済が回復する中で再就職しようにも、労働市場は限られている。建設や医療、情報通信分野などの求人は堅調でも、スキルや希望が一致しないのが実情だ。
これまで女性の就業率は右肩上がりで、女性の就業率が子育て期に著しく下がるM字カーブが解消しつつあることを含めて、女性の活躍が進んだと喧伝されてきた。しかし、内情を見ると雇用者の半数以上は非正規が占める。2019年は56・4%で、男性22・3 %の2倍以上。コロナ禍による解雇や雇い止めにより離職を余儀なくされた人たちの数と照らし合わせると、雇用の調整弁として活用されていたことが切実な問題として見えてくる。

働き方改革が女性活躍の追い風に

女性活躍に関して明るい材料となるのは働き方改革だ。コロナ禍で図らずも働き方改革が進み、テレワークなど労働環境に対する意識も変わってきた。
伝統的な企業制度は、フルタイムで働ける男性を前提に作られたものが多く、その枠から外れると立場が非常に弱くなり、働き続けることが難しくなる。かつて女性は結婚を機に退職するのが慣例で、入社した時点でキャリアが決められ、配属や昇進などに大きく影響した。政府は、働き方改革を提唱する前の2003年に男女共同参画基本計画で「2020年までに指導的地位に女性が占める割合が少なくとも30%程度」という目標を掲げたが、昨年、達成が困難だとして目標の達成時期を先延ばし。帝国データバンクが今年公表した調査結果によると、女性管理職の割合は平均8・9%で、目標30%に遠く及ばない。もっとも「管理職になりたくない」と思っている女性が多いことの表れと捉えることもできる。しかし「夫は仕事、妻は家庭」という無意識の偏見によって、女性の意思決定を「管理職になりたくない」に追い込んでしまっている可能性がある。制度の再整備には、出産・育児という未来への尊い貢献を最優先事項に据えるぐらいの意識が必要だろう。
夫婦で家事や育児を協力しながら共働きを続けることができれば、女性は退職することなく経験を重ね、仕事を通じて成長が可能だ。人材の能力を最大限に活かすことができれば、女性管理職の増加のみならず、日本が経済発展する上での大きな原動力となるに違いない。

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
M&Aキャピタルパートナーズ
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
アラジンオフィス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2021年10月22日(金)~10月23日(土)
あいちの農林水産フェア

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
展示ホールA(SDGs AICHI EXPO会場内)
主催:あいちの農林水産フェア実行委員会

県内外の皆さんに全国有数の産出額・生産量を誇る愛知の農林水産業をご紹介。JA愛知グループとチカマチラウンジがコラボして、県産農林水産物等をふんだんに使用した「地産地消弁当」を開発しました。

冬山フェスタ

2021年12月18日(土)~19日(日)
第2回 冬山フェスタ

初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:冬山フェスタ実行委員会(構成=全国「山の日」協議会、中部経済新聞社)

夏山フェスタでの多くのご要望にお応えして冬山初心者のための入門イベント「冬山フェスタ」を開催します!

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。