社史・記念誌・自叙伝製作に取り組む姿勢

注目ポイント:その1

経済と本のいい関係

先代から継承した伝承。
築き上げた理念。
次代へと残したい経験。

数字では表すことのできない歴史があります。

苦難の時に助けてくれた取引先。
ともに闘った社員。
試行錯誤の末に送り出した新商品。

語ることができるのは“人”です。

中部経済新聞社はそんな本の制作のお手伝いをしています。
聞かせてください。あなたの伝えたい歴史を。

“紙一重(ひとえ)の想い” を伝える

企業に関する情報は過剰なくらいあふれ、様々な媒体を見れば知ることができます。
しかし、社史を製作する上で、いつに、何を、いくつ生産したというような歴史を記しても、興味を持っていただけません。
なぜなら、社史にとって重要なのは、データではないからです。データも確かに重要で、記録していかなければならない項目ですが、その時代の背景と結びついた「必然性」みたいなものを記すことによって、初めてその意味や意義が見えてくるはずです。

社史を製作するという事は、先人の残した努力や知恵に接し、その“熱い想い”を受け止め、自分たちの会社が急激に変化する社会の中でどういうことに関与しているかを実感することができるチャンスとなります。

御社で働く社員の心に、“熱い想い”が吹き込まれ、伝承されますように。

注目ポイント:その2

社長「今いる社員に創業の頃の様子を伝えたい」
社員「自分の会社が新聞に連載されるなんてスゴイ!」
学生「こんな歴史と考えを持った経営者がいる会社なんだ」

中部経済新聞への長期連載企画

御社の歴史を社内外の関係者をはじめとして、多くの新聞読者など世間全般に紹介できる内容を持ったものです。
単に史実に基づく歴史を記述するだけでなく、トップの人生観やお世話になった人、取引先との信頼関係、また、商品開発の紆余曲折や顧客満足を高めるための試行錯誤など“時空を超えた歴史”を、ドラマチックに読み応えのある文章で毎日の中部経済新聞紙上に掲載します。

あくまで大衆に読ませて感動させるための企画ですから、人物を中心にして御社の発展にどう貢献、寄与してきたかを社会的背景と出来事を適宜織り込みながらストーリーを展開します。

出版という限定された部数だけでなく、より多くの読者に、地域の枠を超えて伝える事が出来、他の新聞ではみられないオリジナルの企画として新聞の高い信頼度とともにご活用ください。


  • 注目ポイント
    中部経済新聞社で社史・記念誌・自叙伝を作る際に取り組む姿勢をお伝えします。
  • よくあるQ&A
    製作にあたり、お客様からよく頂くご質問と回答です。
  • 製作実績
    これまで中部経済新聞社が手がけた社史・記念誌・新聞連載の実績をご紹介します。

お問い合わせ先

中部経済新聞社 事業部
名古屋市中村区名駅4-4-38
電話:052-561-5675 / FAX:052-561-9133
お問い合わせは、お問い合わせフォームからどうぞ

出版物

出版物についてのお問い合わせは、以下までお気軽にどうぞ。
〒450-8561
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-10
中部経済新聞社 事業部

TEL : 052-561-5675
FAX : 052-561-9133
E-mail book@chukei-news.co.jp

 

現在の位置:ホーム > 出版物 > 社史・記念誌・自叙伝製作のご案内 >取り組む姿勢