著者紹介:野々垣 孝さん

 

更新日:2017年5月2日

野々垣 孝さん 蜂産品・健康食品・医薬品メーカー、アピ会長の野々垣孝さんが、健康への貢献をテーマに事業拡大に取り組んできた半生をつづった著書『空を飛ぶ』を執筆した。

 

 野々垣さんは、1960年(昭和35年)に早稲田大学卒業後、証券会社に勤務。63年に妻・多美子さんの実家・岐阜養蜂場に入社した。72年に社長に就任し、91年に社名をアピ(ラテン語でミツバチを意味するAPISに由来)に変更。2007年の創業100周年の節目の年に会長に就任した。

 

 本書では、貿易の自由化、「はちみつレモン」ブームなど養蜂を取り巻く環境の変化に対応し、健康貢献企業として現在に至るアピの事業展開の歩みを描いている。ブームに踊らされた苦い経験を教訓にして、あきらめずに努力を重ね、付加価値の高い健康食品や医薬品の新規事業に挑戦してきた。

 野々垣さんは「うまくいかない時に『できない』とあきらめず、『どうすればできるか』と創意工夫する努力が大切。あきらめなければ成功の道が開かれる」と強調する。  

 会長としての現在の務めは「人材育成」という。「長く会社経営に取り組み、近年は『企業は人なり』を実感している。可能性に満ちた若い人材が、思い切り働ける環境づくりを進めていく」と決意を新たにしている。

 

『空を飛ぶ』へ戻る

出版物

出版物についてのお問い合わせは、以下までお気軽にどうぞ。
〒450-8561
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-10
中部経済新聞社 事業部

TEL : 052-561-5675
FAX : 052-561-9133
E-mail book@chukei-news.co.jp

 

現在の位置:ホーム > 出版物 > 中経マイウェイ新書 > 空を飛ぶ > 著者紹介