名証上場の東海3県145社、株主総会本格化

更新日:2018年 6月13日 (水)

 名古屋証券取引所に上場し、東海3県(愛知、岐阜、三重)に本社を置く3月期決算企業145社の株主総会が本格化する。ピークは28日で全体の23%にあたる34社が開催する。トヨタ自動車の豊田章男社長が「100年に1度の大転換期」と指摘するように各業界でも不確実性が高まっている。今後の成長戦略をどう描くのか。経営者のメッセージに株主は注目している。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 6月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年6月 > 13日 > 名証上場の東海3県145社、株...