ノリタケ、実質無借金経営に、本社工場跡地売却益が寄与

更新日:2018年 5月22日 (火)

 ノリタケカンパニーリミテドは2018年3月期末に現預金が有利子負債を上回る実質無借金経営に転換した。直近10年では初めて。有利子負債は一時、大手砥石メーカーの買収などで膨らんだが、業績が好調なうえ、本社工場跡地の売却益で削減した。今後は潤沢な資金を元手に、M&A(企業の合併・買収)の推進など成長戦略を加速する方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 5月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年5月 > 22日 > ノリタケ、実質無借金経営に、本...