ダイセキ、九州で産廃リサイクル設備増強

更新日:2018年 5月15日 (火)

 産業廃棄物処理のダイセキは今月下旬、九州事業所(北九州市)でリサイクル設備を増設する。投資額は4億円。受け入れた廃棄物をセメント原料などにリサイクルして出荷する。3年後に同事業所の出荷量を現在に比べて15%引き上げる。廃棄物の処理量が順調に伸びており、受注体制を強化して収益拡大につなげる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 5月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年5月 > 15日 > ダイセキ、九州で産廃リサイクル...