中部専門店12社の3月売上高 既存店7社が減収

更新日:2018年 4月30日 (月)

 中部の主要専門店チェーン12社の2018年3月の売上高実績(速報値)が出そろった。既存店ベースで7社が減収だった。うち5社が2月の減収幅を縮めたが、主力商品の販売が振るわず苦戦が続いている。一方、気温の上昇により、花粉症関連商品が好調だったドラッグストア(DS)や、春物衣料の販売が伸びたスポーツ用品店の増収が目立った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 4月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年4月 > 30日 > 中部専門店12社の3月売上高 ...