エムエス製作所が3年後めどに南アフリカに進出

更新日:2018年 4月11日 (水)

 自動車部品用金型メーカーのエムエス製作所(本社清須市春日、迫田幸博社長)は、南アフリカに工場進出する。3年後の進出を見据え、現在検討を進めている。南アは自動車生産の拡大が見込まれ、金型の需要が期待できると判断した。同社は海外戦略を経営の重要テーマに掲げている。伸びしろの大きい南アに進出し、持続的な成長を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 4月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年4月 > 11日 > エムエス製作所が3年後めどに南...