東海の小売り各社が花粉症対策商品を本格化、新素材の高級マスクも登場

更新日:2018年 3月13日 (火)

 東海地方の小売り各社が花粉症対策商品の販売を強化している。日本気象協会によると、今年の花粉飛散量は愛知県で前年比2倍以上、東海4県では例年比1割多い見込み。切実な悩みを抱える消費者が多く、マスクを中心に各社とも品ぞろえを拡充。今シーズン初登場の商品も相次いでいる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 3月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年3月 > 13日 > 東海の小売り各社が花粉症対策商...