モリリンが機能性素材の開発強化に着手

更新日:2018年 2月27日 (火)

 繊維商社のモリリン(本社一宮市、森正志社長)は、機能性素材の開発強化に乗り出した。2017年3月に設置した全社横断的な「素材開発プロジェクトチーム(PT)」で開発を推進。今年1月に新素材を市場投入し、現在、7素材の開発に着手している。OEM(相手先ブランドによる生産)の縫製品で新素材の生地などを提案し、取引拡大を図る狙い。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 27日 > モリリンが機能性素材の開発強化...