名鉄観光サービスのインバウンド関連売り上げ、3年で1・7倍へ

更新日:2018年 2月27日 (火)

 名鉄観光サービス(本社名古屋市中村区名駅南2、日紫喜俊久社長)は、2020年12月期にインバウンド(訪日外国人)関連の売上高を17年12月期比約1・7倍の33億円に引き上げる。個人旅行客(FIT)向けの商品を拡充する。中部地区の観光ルート「昇龍道」向けも強化し、業績拡大につなげる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 27日 > 名鉄観光サービスのインバウンド...