豊島が食品廃棄物で染めた衣料・服飾ブランド、オリジナル商品投入

更新日:2018年 2月27日 (火)

 繊維商社の豊島(本社名古屋市、豊島半七社長)は、規格外の野菜や果物など食品廃棄物を染料とする衣料・服飾ブランド「フードテキスタイル」の展開を本格化する。これまでは他社とコラボ商品を手掛けていたが、2018年春夏物で初めて同社オリジナルの商品を投入する。海外の展示会にも出展し、国内外で認知度向上と販路拡大を進める。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 27日 > 豊島が食品廃棄物で染めた衣料・...