サンケン 炭素繊維とセラミックス複合材 建設業界を中心に販路開拓

更新日:2018年 2月17日 (土)

 炭素繊維の加工を手掛けるサンケン(本社名古屋市守山区・クリエイション・コア名古屋204、池下兼明社長)は、炭素繊維とセラミックスによる複合材の販売に乗り出す。瑞浪市窯業技術研究所と昨年開発した複合材で、このほど、不燃材として国土交通大臣の大臣認定を受け、販売できるようになった。建設業界を中心に販路開拓を進める方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 17日 > サンケン 炭素繊維とセラミック...