名市内18ホテル1月客室稼働率、0・8ポイント低下の74・5%

更新日:2018年 2月16日 (金)

 中部経済新聞社がまとめた名古屋市内主要18ホテルの1月の平均客室稼働率は、前年同月を0・8ポイント下回る74・5%だった。例年より年始休暇が長くビジネス需要が低調だったほか、中国の旧正月(春節)に伴う大型連休が2月にずれ込んだことが響いた。市内でホテルの新規開業が相次ぐ中、閑散期対策が課題として浮き彫りになった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 16日 > 名市内18ホテル1月客室稼働率...