金星堂、米ロサンゼルスに現法、レジャー施設向け開拓

更新日:2018年 2月 8日 (木)

 看板製作の金星堂(本社桑名市江場、小笠原貴行社長)は、米ロサンゼルスに現地法人を設立した。同社初の海外拠点で、看板の設計から製作、施工までを行う。同国では日系の屋内レジャー施設大手が出店を加速する方針で、この需要を取り込む。現地で新たな顧客も開拓し、持続的な成長につなげる狙いだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 8日 > 金星堂、米ロサンゼルスに現法、...