トヨタ 4~12月期好決算も北米に課題、製販一体の改善加速が急務

更新日:2018年 2月 7日 (水)

 2017年4~12月期連結決算で過去最高の純利益をたたき出したトヨタ自動車。通期の業績見通しを上方修正したが、財務統括の小林耕士副社長は「為替、スワップの影響を除くとまだ550億円の減益。(総括判断は)『×(バツ)』だ」と及第点を与えなかった。北米市場の収益回復が遅れ、国内販売の通期見通しも下方修正を余儀なくされた。自動車業界を取り巻く環境は100年に一度の激変期を迎えており、取引先も巻き込んだ〝オールトヨタ〟の改革の加速が急務となっている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 7日 > トヨタ 4~12月期好決算も北...