愛三工業が二輪車用燃料噴射システムのインド生産を年500万台へ

更新日:2018年 2月 6日 (火)

 愛三工業は、2020年にインドにおける二輪車用燃料噴射システム(FI)製品の生産能力を年500万台弱に設定した。当初は年産能力300万台を見込んでいたが、市場ニーズが強く、大幅に増やす。同国での向こう3年間の投資額は数十億円に上る見込み。同国の環境規制強化を機に高まるFI製品の需要を取り込み、4分の1のシェア(市場占有率)獲得を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 6日 > 愛三工業が二輪車用燃料噴射シス...