がんばる商店街(1)円頓寺商店街、若者が集い生まれ変わる

更新日:2018年 2月 6日 (火)

 名古屋駅と名古屋城のほぼ中間に位置し、古い蔵や長屋が並ぶ四間道が近くにある円頓寺商店街(名古屋市西区)。かつては大須、大曽根と並ぶ名古屋の三大商店街と言われ、市民らに親しまれたが、10年ほど前、後継者不在などでシャッター通りと化し、活気が失せてしまった。そんな衰退のピンチに立ち向かったのが若手店主。若手ならではのバイタリティーと発想で活性化策を展開し、にぎわいを取り戻しつつある。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 6日 > がんばる商店街(1)円頓寺商店...