トヨタ系主要8社、好業績下でも反転期に備え

更新日:2018年 2月 3日 (土)

トヨタグループ主要8社は2日発表の2018年第3四半期連結決算で好調な業績推移を示し、5社が通期の純利益見通しを上方修正した。為替の円安傾向などで事業環境は比較的心地よい〝適温状態〟にあるが、足元では円高に振れるなど、先行きは楽観できない。各社は景気反転期に備え、系列外取引の拡大、生産工程の自動化などを一層強化する構えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 3日 > トヨタ系主要8社、好業績下でも...