わがまちの話題=ふるさと納税で起業家支援

更新日:2018年 2月 3日 (土)

碧南市は、ふるさと納税の仕組みを活用した起業家支援制度に、いち早く対応している。地方創生を狙いに総務省が2018年に始める新制度で、クラウドファンディングで起業家への寄付を募り、自治体が補助する。市は開始に先立ち、碧南に開発拠点を置く宇宙船開発ベンチャーのPDエアロスペース(本社名古屋市緑区)と、地場産品のみりんを手掛ける杉浦味淋(本社碧南市弥生町)を支援先に認定。まずは2社の成長を後押し、その後も新制度による支援を続ける方針だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 2月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年2月 > 3日 > わがまちの話題=ふるさと納税で...