カネソウが下水道の鉄ぶた生産能力を増強

更新日:2018年 1月31日 (水)

 建設資材メーカーのカネソウは、下水道などの点検口にかぶせる鉄ぶたの生産能力を増強する。2019年3月期に本社工場(三重県朝日町)の設備を更新し、生産能力を現行比2割増の月2200枚に引き上げる。首都圏を中心に東京五輪の関連工事が進み、鉄ぶたなど建設資材の需要が拡大。得意先のゼネコン(総合建設業)などからの増産要請に応える。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 1月31日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年1月 > 31日 > カネソウが下水道の鉄ぶた生産能...