ひかりHD、上場にらみ経営基盤強化

更新日:2018年 1月26日 (金)

 タイル・石材加工販売のひかり工芸を中核とするひかりホールディングス(HD、本社多治見市大畑町、倉地猛社長)は、上場に向けて事業基盤の強化を進めている。モザイクタイル加工の新会社を設立したほか、東京都内に営業拠点と輸入タイルのショールームを開設し、新規顧客の開拓を加速している。認知度向上と業容拡大をめざし今春にも、東京証券取引所の特定投資家向け市場「東京プロマーケット」に上場する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 1月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年1月 > 26日 > ひかりHD、上場にらみ経営基盤...