18年の業績は堅調に推移

更新日:2018年 1月 3日 (水)

中部経済新聞社は、東海4県の主要企業を対象に「2018年新春アンケート調査」を実施した。回答企業数は230社。国内景気は「良くなる」と回答した企業が46%と、17年調査(33.5%)を大幅に上回った。世界景気の拡大や円安などで、自動車など輸出型企業を中心に企業業績は大きく改善。北朝鮮の政情不安や国内の労働力不足など懸念材料はあるものの、18年の自社業績も堅調に推移するとの見方が強いようだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2018年 1月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2018年1月 > 3日 > 18年の業績は堅調に推移...