ラブリークィーン事業譲渡で岐阜アパレルに波紋

更新日:2017年 12月29日 (金)

 レディースフォーマルウエア企画製造販売のラブリークィーン(本社岐阜市加納寿町)が、美容サロンなど美容事業を展開する東証2部のRVH(本社東京都)に事業譲渡されることが明らかになり、岐阜市のアパレル業界に波紋が広がっている。計画では、ラブリークィーンが会社分割で事業の受け皿となる新会社を岐阜市に設立。新会社がRVHの完全子会社になり事業の再生を目指す。新会社設立は来年1月22日の予定で、事業再構築の行方が注目されている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 12月29日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年12月 > 29日 > ラブリークィーン事業譲渡で岐阜...