シーテック、ファミマに電力供給、中電管内の2700店

更新日:2017年 12月15日 (金)

 中部電力グループのシーテック(本社名古屋市瑞穂区、松山彰社長)は、中部電力管内のファミリーマートの8割に相当する2700店に電力を供給する。来年8月までに供給体制を構築する。年間売上高は60億円で、シーテック全体の約1割を占める。シーテックはもともとサークルKサンクスと取引していた。昨年9月にファミマとサークルKが統合。その後、サークルK時代の実績が評価され、ファミマの電力供給も担うことになった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 12月15日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年12月 > 15日 > シーテック、ファミマに電力供給...