豊橋市 プロバスケチームと一体で地域活性化めざす

更新日:2017年 12月 9日 (土)

 2年目のシーズンに入ったプロバスケットボールのBリーグ。豊橋市を本拠地とする三遠ネオフェニックスは、優勝を目指しながら、地域のシンボルとして根付く取り組みを続けている。一方、地元でもチームを応援する動きが広がっている。初めてプロスポーツ球団を抱える豊橋市は、新しいホームアリーナの建設に向けて動き出した。チームと地域が溶け込み、活気にあふれるまちを目指す。その機運が高まっている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 12月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年12月 > 9日 > 豊橋市 プロバスケチームと一体...