片岡機械製作所がエンジン用ピストンリング加工専用機のラインアップ拡充

更新日:2017年 12月 8日 (金)

 自動車向け生産設備メーカーの片岡機械製作所(本社岡崎市、片岡勲社長)は、エンジン用ピストンリングを加工する専用機のラインアップを拡充した。従来は主にリングを研削する専用機を造っていた。今回、材料に力を加えて成形する塑性加工専用機の開発・製造に参入、このほどリングメーカーに新型機2製品を納入した。グローバルで見れば、当面はガソリンエンジン車の生産が増えるとみて、一段の受注拡大を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 12月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年12月 > 8日 > 片岡機械製作所がエンジン用ピス...