矢作建設工業 建物の設計・施工を簡素化 3次元モデル構築システム導入

更新日:2017年 12月 5日 (火)

 矢作建設工業は、長久手市の地震工学技術研究所敷地内に建設中の研究棟で、コンピューター上で建物の3次元モデルを構築するシステム「BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)」を導入した。建物の設計・施工の作業を簡素化し、省人化、効率化につなげる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 12月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年12月 > 5日 > 矢作建設工業 建物の設計・施工...