ジェイテクト、大型バス・トラック用 自動運転対応操システムを開発へ

更新日:2017年 11月21日 (火)

 ジェイテクトは、大型バス・トラック用の自動運転対応操舵システムの開発に乗り出した。ハンドル操作を補助する油圧パワーステアリングに電動パワーステアリング(EPS)技術を組み合わせ、電気信号による舵角制御を可能にする。安全性向上や運転負担の軽減が図れる電動化・完全自動運転に寄与するシステムで、2020年に量産化を目指す。ドライバー不足を背景にバス・トラック業界で拡大が見込まれる自動運転需要を取り込む考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 11月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年11月 > 21日 > ジェイテクト、大型バス・トラッ...