決算を読む=兼房、自動車向け刃物が好調

更新日:2017年 11月14日 (火)

 工業用刃物メーカー、兼房が13日発表した2017年4~9月期連結決算は、売上高が前年同期比8・9%増の93億7500万円、経常利益が約4倍の8億5300万円、純利益が約9・6倍の6億200万円だった。売上高は過去最高を更新。生産性向上で売上原価率が改善したほか、国内外で利益率の高い自動車向けが伸び、大幅増益となった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 11月14日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年11月 > 14日 > 決算を読む=兼房、自動車向け刃...