マルエス機工がベトナムに進出

更新日:2017年 11月10日 (金)

 産業用機械部品メーカーのマルエス機工(本社小牧市下末野本、水野康行社長、電話0568・73・3724)は、ベトナムに海外初の工場を開設する。ハノイ郊外で鉄道車両や省力機器向けなどの部品を生産する。人手不足が慢性化する日本では今後、増産対応が難しいとし、人材にゆとりのあるベトナムに進出する。2018年2月に稼働し、生産品全量を日本に供給する計画だ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 11月10日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年11月 > 10日 > マルエス機工がベトナムに進出...