決算を読む=スズケン C型肝炎治療剤減で減収減益

更新日:2017年 11月 7日 (火)

 医薬品の卸や製造を手掛けるスズケンが6日発表した2017年9月中間連結決算は、売上高が前期比0・8%減の1兆469億1200万円、経常利益が1・6%減の107億9800万円だった。各事業で販管費抑制などを図ったものの、市場環境の変化や他社製の後発医薬品発売が影響し、減収減益となった。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 11月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年11月 > 7日 > 決算を読む=スズケン C型肝炎...