トヨタグループ各社トップが新領域技術開発加速へ協業、M&Aに意欲

更新日:2017年 11月 1日 (水)

 世界的な環境規制などから、自動車産業の勝ち残り条件になりつつある電動化や自動運転などの新領域技術。31日、4~9月期の連結決算発表に臨んだトヨタグループ各社のトップからは、これら新領域の需要拡大を商機と捉え、商品力を強化したり、開発加速に向けて協業やM&A(合併・買収)に意欲的な声が聞かれた。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 11月 1日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年11月 > 1日 > トヨタグループ各社トップが新領...