東海理化が圧迫感を軽減するシートベルト巻き取り装置開発

更新日:2017年 10月30日 (月)

 東海理化は、ドライバーへの圧迫感を軽減するシートベルトの巻き取り装置を開発した。バックル(ベルトの結合部品)の自動昇降装置も製品化した。安全性に加え装着性、快適性を高め、競争優位性を確保する。両装置ともトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「LS」の一部グレードに標準装備された。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 10月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年10月 > 30日 > 東海理化が圧迫感を軽減するシー...