最北の中核市・旭川 企業誘致に挑む(上) 中部企業誘致に力、工業団地第4期造成が進行

更新日:2017年 10月25日 (水)

 人口34万人。北海道第2の都市・旭川市が、中部企業の誘致に力を入れている。市内では現在、「旭川工業団地」の第4期造成工事が進行中。自然災害リスクの低さや企業立地関連の優遇制度をセールスポイントに、有力なものづくり企業を呼び込みたい考えだ。北海道では若い人材の道外流出が進み、各地で少子高齢化の加速が懸念される。産業集積を進め、地域創生に挑む旭川の動きを探る。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 10月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年10月 > 25日 > 最北の中核市・旭川 企業誘致に...