アイシン辰栄が本社に「教育ルーム」開設、設計要員育成に注力

更新日:2017年 10月19日 (木)

 アイシン精機グループの自動車部品メーカー、アイシン辰栄(本社碧南市、榎本貴志社長)は、設計要員の育成に力を入れる。このほど、設計部門の社員が製品の仕組みや機能について学ぶ「教育ルーム」を本社に開設した。同社はことし1月に製品設計を行う技術開発部を立ち上げたばかり。設計から生産まで一貫して手掛ける体制を急ピッチで整える考えだ。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 10月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年10月 > 19日 > アイシン辰栄が本社に「教育ルー...