アイロック 運転シミュレーターを改良、VRで安全機能体感

更新日:2017年 10月11日 (水)

 自動車用ホイールなどの開発・販売を手掛けるアイロック(本社名古屋市天白区福池、古賀琢麻社長)は、自動車の運転を疑似体験できる自社開発シミュレーター「T3R」を改良、自動ブレーキなど最新の安全機能を仮想現実(VR)で体験できるシステムを開発した。自動車の安全機能は高度化しているが、実際に体験する機会がないのが現状。VRにより機能を実感してもらい、車の買い替えを促す。古賀社長は「安全な車社会の一助になれば」と話し、自動車メーカーや販売店向けの需要を期待している。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 10月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年10月 > 11日 > アイロック 運転シミュレーター...