名古屋プロパン瓦斯と東邦液化ガスが業務提携で合意、効率運用へ小牧の充填所統合

更新日:2017年 9月25日 (月)

 名古屋プロパン瓦斯(本社名古屋市東区、後藤庄樹社長)と東邦液化ガス(本社名古屋市熱田区、大路弘社長)は、LPガスの充填(てん)で業務提携を結ぶことで合意した。両社の小牧市内の充填所を統合し、10月に運用を開始する計画。世帯数の減少や他エネルギーとの競争でLPガス需要が伸び悩む中、充填所の効率活用で収益向上を目指す。資本提携に踏み込まずに充填所の統合に踏み切る事例は珍しく、新たな潮流となる可能性もある。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月25日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 25日 > 名古屋プロパン瓦斯と東邦液化ガ...