ソフトウエア開発のCBM 産廃事業者向け販売管理システム開発

更新日:2017年 9月21日 (木)

 ソフトウエア開発などを手掛けるCBM(本社名古屋市中村区、成田和正社長)は、産業廃棄物処理事業者向けの販売管理システムを開発した。クラウド型のため、月額使用料だけで初期投資を抑えられる。11月に名古屋市で開催される異業種交流展示会「メッセナゴヤ」で披露し、販売を開始する。初年度に50社との契約を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月21日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 21日 > ソフトウエア開発のCBM 産廃...