ダイコーゴムは旧車の部品事業を拡大

更新日:2017年 9月18日 (月)

 ゴム部品メーカーのダイコーゴム(本社名古屋市緑区、久納征人社長)は、数十年前に製造された自動車やオートバイのゴム部品を復元する「旧車ゴム部品事業」を拡大する。今月後半に旧車ファンに人気の車を1台デモカーとして購入。研究開発を進め、品ぞろえを増やす。同事業の年間売上高を現在の約2千万円から5年後に5倍の1億円程度を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 18日 > ダイコーゴムは旧車の部品事業を...