トヨタと藤田保健衛生大、車いす型ロボット開発

更新日:2017年 9月13日 (水)

 トヨタ自動車は、藤田保健衛生大学(豊明市)と共同で、車いす型の移乗支援ロボットを開発した。ロボットは360度回転し、全方位に移動することができる。全方向に移動できる電動車いすは、日本で初めて。今後、実用化に向け実証実験を行う。介護を必要とする高齢者の住宅や老人ホームなどの需要を見込んでいる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 13日 > トヨタと藤田保健衛生大、車いす...