中電と大阪ガス、小売り自由化で首都圏強化

更新日:2017年 9月 9日 (土)

 中部電力と大阪ガスが首都圏での電気・都市ガス販売で提携する方向で検討に入った。電力とガスの小売り全面自由化で競争環境が激しくなっており、最大市場の首都圏を攻略する必要があると判断した。双方が出資する新会社を2018年春にも設立する方向で協議する。両社の連携は地域独占体制の崩壊を明確に示し、電力とガスの垣根を取り払う。日本のエネルギー業界を大再編へと導くトリガーとなる可能性もある。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 9日 > 中電と大阪ガス、小売り自由化で...