名古屋まちづくり公社運営の「アスナル金山」が物販店営業時間を30分程度短縮検討

更新日:2017年 9月 6日 (水)

 名古屋まちづくり公社(名古屋市中区)が運営する複合商業施設「アスナル金山」(名古屋市中区金山)が、物販店(38店舗)の営業時間について、30分程度短縮することを検討していることが、5日までに分かった。店舗スタッフをはじめとする人材確保が深刻化しており、一部テナントから営業時間短縮を希望する相談を受け、検討に乗り出した。現在の物販店の営業時間は午前10時から午後9時30分までだが、午後9時までに短縮することを柱に検討する。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月 6日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 6日 > 名古屋まちづくり公社運営の「ア...