角文が売上高100億円台継続へ中期計画

更新日:2017年 9月 5日 (火)

 総合建設業の角文(本社刈谷市泉田町、鈴木文三郎社長)は、3カ年の中期経営計画を策定した。既成市街地の開発やリノベーションなど新規事業を育成し、最終年度の2020年6月期に売上高110億円を目指す。同社は、前期に初めて売上高100億円を突破した。今後、コンスタントに100億円台を確保できる経営体制の構築を目指す。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 5日 > 角文が売上高100億円台継続へ...