大宝運輸に違法長時間労働で是正指導

更新日:2017年 9月 5日 (火)

 ドライバー不足に悩む運送業界で、長時間労働の問題が浮き彫りになった。厚生労働省愛知労働局は4日、名古屋市の大宝運輸に対し、複数の事業場で、違法な長時間労働をさせたとして、是正指導を行った。国は働き方改革の一環として、今年1月から1カ月の残業が80時間超の企業を公表する制度を設けたが、同社は全国で初めての公表事例となった。運送業者には今後、自社に加え、荷主とも連携しながら、長時間労働削減に取り組む必要が求められる。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2017年 9月 5日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2017年9月 > 5日 > 大宝運輸に違法長時間労働で是正...